2010年05月22日

不同意堕胎の医師に逮捕状(産経新聞)

 妊娠した交際相手に「栄養剤」と偽り、子宮収縮剤を点滴して流産させた疑いが強まったとして、警視庁捜査1課と本所署は18日までに、不同意堕胎の疑いで、石川県金沢市の男性医師(36)の逮捕状を取った。容疑が固まり次第、逮捕する。

【関連記事】
不同意堕胎で医師逮捕へ 交際相手に投薬疑い 警視庁
誤投薬で植物状態の女性に7500万円支払え 岡山地裁が病院に命令
処方箋の記載方法を統一 投薬ミス多発受け
診療報酬22年度改定 「明細書」で分かること
外来の窓口負担に細かな加算も チェック必要
中国が優等生路線に?

FC東京・石川選手が追突事故=けがなし、脇見運転か―警視庁(時事通信)
【裁判員考】制度施行1年(下)最終評議〜判決 重い経験、共有が大切(産経新聞)
妻から病腎移植の男性死亡 宇和島徳洲会病院で3月手術(産経新聞)
カンボジア国王迎え両陛下が宮中晩餐会(産経新聞)
<法務省>「本部係検事」初会合 足利事件受け全庁配置(毎日新聞)
posted by エトウ ハルミ at 04:00| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。