2010年06月04日

自民、強気 衆院解散や集中開催を要求(産経新聞)

 自民党は3日、新代表を選出する民主党に対し、「参院選対策の看板の掛け替えにすぎない」として、衆院解散・総選挙を求めるなど攻勢を強めている。鳩山由紀夫首相の辞意表明直後には、新政権発足に伴う「ご祝儀相場」への警戒感があった。だが、新鮮味に欠ける菅直人副総理・財務相が新代表に就く公算が大きいうえ、引き続き強引な国会運営が見込まれることから、「鳩山政権と体質は同じ」とみている。

 「鳩山さんは追い込まれてお辞めになる。民主党の政策や政権運営が行き詰まっているのだから、表紙を替えた効果が長続きするとは思えない」

 谷垣禎一(さだかず)総裁は3日の記者会見で、新政権誕生が自民党にマイナスになるとの見方を否定するとともに、早期の衆院解散・総選挙を改めて求めた。菅氏については、「副総理というのは(首相と)責任を共有する立場だ。鳩山さんが退任せざるを得なくなったくびきを背負っている」と指摘した。

 野党5党の幹事長は同日、国会内で会談し、これまで求めていた「政治とカネ」問題や、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題に対する予算委員会での集中審議を、新政権にも求める方針を決めた。自民党はさらに、石川知裕(ともひろ)、小林千代美両衆院議員の議員辞職勧告決議案の衆院本会議での採決も迫る構えだ。

 自民党が強気の姿勢を崩さないのは、「新民主党執行部が開かれた体制なら、十分審議できる」(大島理森(ただもり)幹事長)とみているためだ。拒否された場合でも、民主党の非民主的な国会運営を批判できるとの思惑もある。

 実際、衆院で強行採決となった郵政改革法案など重要法案の取り扱いについて、与党が参院でも強行採決すれば、「(民主党は)ファシズム体制と断定せざるを得なくなる」(谷垣氏)としている。

 新政権の発足に伴い、民主党の支持率が回復し、自民党がダメージを受けると警戒する声は少なく、中堅・若手の一部にあった執行部人事の見直しを求める空気も収束している。谷垣氏は自民党執行部について「代える必要はない」と強調した。

【関連記事】
消費税率「当面10%」 自民、参院選公約に明記
自民は「風の変化」を警戒
検察審査会に説明求めた民主・辻議員に質問状
「責任重大」他党の批判が集中 参院選民主陣営からは安堵の声も
5野党、予算委開催要求で一致 慣例守るよう求める
「はやぶさ」帰還へ

山田宏日本創新党党首が参院選出馬へ(時事通信)
雑記帳 カバの歯磨き 円山動物園(毎日新聞)
<米沖縄海兵隊>北海道での訓練を公開(毎日新聞)
詐欺 小杉元文相の妻逮捕 架空投資話で八千数百万円(毎日新聞)
<特定外来生物>オオキンケイギク増殖 木曽川流域(毎日新聞)
posted by エトウ ハルミ at 01:47| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

8万もらってOKしたら、ソッコーで全裸にされたぞ!!
そのままベッドに寝かされて、全身ペロペロの舐め地獄!!!!
最後、手 コ キされて噴水みたいにザ〜メソ発射しちまったよ(笑)

こんなんしてたらマジでMに開花しちゃいそうだぜ(*´Д`)ハァハァ
http://ockfbdy.Az.KaSira-d.net/
Posted by ここ攻めたがりの女多すぎ!! at 2010年06月05日 09:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。